プレスリリース

サオラ株式会社、2007年度「Red Herring 100 Global」最終選考選出のお知らせ

2007年11月13日

サオラ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:ローラ アルナ) が、 米国・Red Herring (レッドヘリング) 社が選定する Red Herring 100 Global 2007 Awards の最終選考にノミネートされたことを発表いたします。

過去 3 年間に Red Herring 100 の受賞または同最終選考まで残った北米、欧州、アジア等各国の有望企業は、いずれも、 この賞を授与されるにふさわしい企業でした。Red Herring 誌の編集部は、エントリーされた有望な企業 1800 社の中から、 非常に高い競争率を経て選考された初参加の 200 社を、 技術イノヴェーション、市場、経営、投資状況、顧客、ビジネス戦略、財務実績など本質的な評価基準に基づき、 厳正な審査の上で選出しました。予備選考を通過した 200 社のリスト "RED HERRING 100 FINALISTS" は、こちらのページで閲覧することができます。 http://www.herringevents.com/global07/index.html Red Herring 誌編集長のジョエル・ドレイファス氏は次のように述べています。「私たちが世界中から選出した企業のうち、最終選考に残った 200 社は、その全てが優れた競争者で、それらの企業は、今日の世界経済においての技術の重要性を証明する、革新的なプラットフォームを持った先行性を携えています。」サオラ株式会社は、その業績が著しく卓越していたため、最終選考まで残り、また、Red Herring 誌自身も、選出された企業を世界で最も有望な技術会社のうちの 1 つとして発表できることを光栄に感じています。「私たちにとっては、この一年はとてもエキサイティングなものでした。Red Herring 100 Asia Company に選出され、そして今、Red Herring 100 Global の最終選考リストにノミネートされています。私達一同、Red Herring 100 Global に選出されることを楽しみにしています」 とサオラ株式会社 J. Prem Anand 氏 (Co-Founder & President, Engineering) は語っています。最終選考に選出された企業は 12 月 3 日から 5 日にワシントン州シアトルで開催されるRed Herring 社が主催する国際的規模のイベントに招待されており、その 200 社の中から 12 月 4 日に 100 の企業が発表されます。 Red Herring Global は、世界中から最先端の技術を持ち、先行性のある有望な企業を表彰するための限定されたイベントで、キーノートディスカッションやパネルディスカッションが行われる他、参加者間のネットワークを広げたりビジネスや技術を世界の舞台で成熟させるための知識を学んだりすることができます。また、同時にイノヴェーションを拡げるため、参加する選び抜かれた企業家と、国際的に活躍するベンチャーの投資会社関係の人々とを引き合わせることができるのも、このイベントの大きな特徴です。 Red Herring Global では、マイクロソフト社の副社長のブルース・ジャッフェ氏をはじめ、ノーウエスト・ベンチャー・パートナー社のプロモード・ハク氏、DCM 社の共同創立者でジェネラル・パートナーでもあるデービッド・チヤオ氏のスピーチ等が行われます。 Red Herring Global への参加登録手続きは、 こちらのページから行なってください。
http://www.herringevents.com/global07/index.html

Red Herring について Red Herring 社 (本社:米国カリフォルニア州 会長兼発行人:Alex Vieux)は 様々なフォーラムにて世界中の優れた技術革新者、ベンチャー企業投資家、ビジネス意思決定者の橋渡しを行なう 国際的なメディア会社です。主力となるイノベーションマガジンの発行、オンラインでの毎日のテクノロジーニュースの提供、 技術研究、国際規模のテクノロジー先導者向けの主要イベント等を行なっています。 Red Herring 社のウェブサイトは、 こちらからご覧ください。 Red Herring 200 Globalについては、こちらからご覧ください。